TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2007/05/28(月) 39 いじめで裁判、判決は同級生、県・市に830万円の賠償命令!
5月24日(木)、広島地方裁判所で異例の判決が出ました。ひとりの生徒が広島市内の市立中学校に通っている頃、同級生4人にいじめられ、そのいじめが原因で不登校になり統合失調症を発症。この精神的・肉体的ストレスはいじめによるものだということで、このいじめた4人と市・県などに計約830万円の賠償を命じたというものです。このいじめの中で当時の担任教諭は、「注意深く観察せず、まん然といじめを傍観した」と過失を認めたとの事。このいじめと担任教諭の過失、さらにこの生徒の統合失調症の間に相当の因果関係があるとしたのです。この判決で考えるべきことは、いじめを傍観した担任の責任はもちろん、もしいじめた4人に支払い能力がなければその両親に責任が問われるということです。とうとう学校内のいじめで、いじめた側の親の責任が道義的だけでなく金銭的なものも伴うようになった今回の判決は深刻な問題ではないでしょうか?こんな事件になる前に小さな頃から自分の子どもをどのように育てるべきかをよく考え、人をいじめるような子どもに絶対育てないという親の子育て学習の必要性を感じます。まず、親はいじめについて真剣に考え子どもに対しての教育の中でその大切さを伝えることです。今回のように、訴訟が起きるから考えるのではなく、人間としてあたりまえにお互いの違いを認め尊重する社会をつくることが何より教育の緊急課題だと思います。

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報