TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2009/01/05(月) 188 2009年の目標は「応」!!
 2009年がいよいよスタートしました。2008年は、世界的不況の波で日本への影響も大きく、今年の正月は今までにない年越しとなったように感じます。そもそも、何がもっとも大きく変化したのか?を考えてみると、ひとつには、世界をひっぱるリーダーだったアメリカがその役割を果たせなくなったのではないかということです。私たちの心理には、大きくて権力の強いものがリーダーであり、そのリーダーについていけば幸福になれるという気持ちが強くあるように思います。つまり、それは世界で言えばアメリカであったり、仕事で言えば会社であったり、又、生活で言えば国の社会保障政策だったわけです。ところが、その大きく強い権力を持っていたと思われたものが崩れつつあり、いつまでも続くものではないという現実を見せつけられているように思えます。これらは何を意味しているかは、いろいろな考え方ができるでしょうが、私は所属、帰属ということばの安心感がいかにもろいものかという感じを持っています。どこかに所属、帰属していれば安定が得られるという考え方が薄くなったのではないか?どこかに安定というものがあるのではないか?と、探し続けていると、結局わかるのは安定というものはなく、自分でつくりあげるものだということに気づくわけです。古き良き時代の感覚のままで同じことをしていて成立するのは、ほんのわずかの特別な仕事であり、世の中の変化や潮流に適応しなければうまくいかないというのが現実の社会です。例えば、アメリカのビッグ3である、「GM」、「フォード」、「クライスラー」も例外ではなく、高コスト体質を改善せず、小型化、省エネという時代の変化を無視し、トラックや大型車などをつくり続けた結果、経営の危機を招いているようです。まさかあのGMがというように、一生安定した会社だと思っていたのにこのような状況が起こるということは、いかに所属、帰属という固定的な考え方が恐ろしいものかがわかるのではないでしょうか?国も企業も、時代の変化に対応しないものはいつかはこのような運命を迎えるわけですが、ひとりの人間も同じように社会変化に対応できなければ同じ運命をたどります。特に、2009年はこの変化に適応、対応することを求められる1年となりそうです。2008年の漢字は「変」でしたが、2009年の目標を、この適応、対応の「応」としてはどうでしょうか?「応」とは、「応用」の応でもあります。今年は、強い権力やリーダーに依存するのではなく、自分で考え、自分で判断する対応力と応用力をしっかりときたえる1年にしたいものです。

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報