TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2009/03/16(月) 207 小学生から学ぶこと
 先日、ある小学生から次のような話を聞きました。昨年、修学旅行で岡山のチボリ公園に行き、広島の原爆資料館を見学したというのです。そのチボリ公園ではかなり長い時間をとっていたのに、広島の原爆資料館では少ない時間でしっかりと見ることができず不満だったということです。この小学生は、遊園地に時間を多くとるより、広島の原爆資料館を時間をかけて見学し、小学生ひとりひとりに平和の尊さや、今、日本がここまで発展してきた歴史には数多くの犠牲者がいたのだというような大切なことを考えさせるべきだと思っているのです。
 現在のように、物事をしっかりと考えない背景にはこのような修学旅行ひとつとっても深く考えさせるものになっていないことがあるし、大切なことを形式的に行っているその意識の低さからきているのではないか?と小学生が指摘しているのです。この指摘は、改めて大人や教師・保護者が注目すべき意見だと思います。せっかく遠くまで行っているのに、本当に子ども達に何が大切か?を教えない教育とは何でしょうか?何を真の目的としているのか?行ったことだけに満足をしているような状況だとすれば、この小学生のようにその浅さを見抜かれることもこれから増えていくのでしょう。
 このような状況が起こるのは何が原因かを考えてみると、まず、小学生だからこのようなことは見抜かれないだろう。遊園地で遊ばせておけば単純に喜ぶだろうというような、小学生を甘く見ているその認識があげられるだろうと思います。2つ目には、目的の場所で学ぶことは何か?を、教師が真剣に子ども達に語りかけていないのではないか?ということです。おそらく、その教師自体が広島の原爆についての深い理解や子ども達に伝えていかねばならないという強い使命感のようなものをあまり感じていないのではないかと想像します。今、日本が少なくとも平和で暮らせるのは、尊い日本人のさまざまな歴史があったからこそという根本をあまりにも理解していないのではないか?と思えるのです。
 本来の教育は、ひとりひとりの人格の完成を目ざすものです。ひとりひとりの人格を認めるには、二度と戦争のような人格無視のおろかな争いをしてはいけないということです。このようなことさえ教育者にしっかりと理解されていないとすれば、本物の教育ができないのは無理もありません。その浅さを小学生や若者から指摘されないよう、「教育の本質」について考え直すことが今、私たち大人の責任ではないでしょうか?

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報