TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2009/04/03(金) 210 河合塾が出した「偏差値崩壊」という本!!
 2009年2月に「偏差値崩壊」というタイトルの本が発売されました。著者は、大手有名予備校の河合塾のカリスマ教師です。この本の表紙には「本当の学力を見失う偏差値くらべっこの呪い」とあり、本の帯には「偏差値62.5をうのみにするな!」ともあります。一般の日本の保護者がこの偏差値という数値、つまり他人よりいくらペーパーテストの成績が良いのか?悪いのか?という基準で成績というものを見ていた歴史があるわけですが、この著者はその基準をものの見事に打ち砕いてしまいました。実は、偏差値については10年ほど前、文部科学省が本来の人間の教育として成績を偏差値のように数値化するのは好ましくないという理由で学校から偏差値ということばを追放した経緯があります。公教育では10年ほど前から崩壊していた偏差値ですが、今回はとうとう学校ではない民間の教育機関、それも大手の予備校がやはりペーパーテストでの偏差値は人間の本来の教育にはふさわしくないということを認め、本まで発行してしまったわけです。これは大きな方向転換であり、まさに今までと180度反対の方向に向かって教育を変えていくという決意の表れだといえます。つまり、今回、ペーパーテストや知識量のみを競争する画一的な教育が崩壊したということを発表してしまったわけです。この本の中には次のような記述があります。多くの指導者が「一番長い選択肢が答えだ」とか「4個の選択肢の3番の選択肢が正解である場合が多い」とか、そうしたくせを見抜いて「わからなかったら3番を正解としてつけよ」というような勉強とはいえない解答法やテクニックを教えているというのです。又、勉強だけでは突破できなくなったのでこのようなまやかしを習える塾がはやるようになったとも書いています。このことにより、受験生の一部は「小手先のテクニック」の対策ばかりをやることになり、答えを出すことに熱中してしまうようになるとも書いてあります。おそらく、これはセンター入試のことをさしているものと思われます。まさに、この状態はゲームのようです。この本の中には、又、次のように書かれてあります。『日本がこうした「まやかし」教育を繰り返すことは、「日本の次の世代がどうなるかということをまったく考えていないことにならないのか?」子ども達の精神的な部分を塾や予備校がダメにしてしまわないか?といいたいのです。』と。まさに私はこの子ども達のことを本当に真剣に考えて何を教育すべきか?を考えてこなかった重大なつけを改めて有名予備校が内部告発したことに驚いているところです。さらに、この本が人間教育を重視している松下幸之助氏のPHP研究所から発行されているのも大変興味深い事実です。

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報