TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2009/10/09(金) 255 公立中学で行われている「日本語」という科目
 東京都世田谷区は、平成19年から区内31校の公立小中学校に「国語」とは別に「日本語」という科目をはじめ、その中で「哲学」という授業をしているとのことです。そもそも、この科目を設置した目的は「考える力」の育成を目指すというもので、日本では初の試みではないかと思います。この「考える力」とは何かというと、今までの国語の科目で問われた心情を中心とした読解力ではなく、次のような領域をねらいとしています。1.深く考える能力、態度を育成することを中心とする哲学領域 2.自己の考えや思いを表現し、コミュニケーション能力を育成することを中心とする「表現」領域 3.日本文化を理解し、継承しようとする態度を育成することを中心とする「日本文化」領域の3つです。「国語」以外に「日本語」という科目をつくって指導するという考え方は以前から言われていたことですが、その中で特に「哲学」を学習するという点が新しい発想だと思います。一般に市販されているものにも、13歳〜14歳向けの哲学書はありますが、公立中学生全員に授業を行うという点が革新的だと考えます。では、なぜこのような「日本語」という科目がつくられているのかと考えると、やはり、昨今の言語力の弱体化と言語力の必要性が増した社会のニーズという点があげられます。言語力の弱体化については、コミュニケーション力の不足で、社会に不適応を起こしたり理解力不足や伝達能力不足からくるトラブルなどが増加しているという背景などがあります。又、社会においての言語力のニーズという点では、今までのように暗黙の了解という文化が通用せず、情報公開、説明責任の時代へと日本社会が変化しており、明確な日本語を通じて相互の活動を行う場面が激増しているという事情があります。従って、以前の国語科の授業で中心だった抽象的国語から、日本語科という、言ってみれば具体的国語への移行が進んできたと考えられます。この日本語授業を通じて深く考えることができる子ども達が少しでも多く育ち、このような授業が少しでも全国で普及することを期待したいと思います。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報