TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2010/01/22(金) 281 GPS機能を脳の標準装備に!
 最近では、身近なものにGPS機能が標準装備されるのが一般的となりました。これら科学の進歩と共に、私はしっかりと考え、生きる為に、脳のGPS機能が必要だと考えています。そのGPS機能とは、それぞれの頭文字のGが「具体的に」、Pが「プラス思考で」、Sが「筋道を立てて考える」という脳の働きです。しっかりと考えるには、物事をあいまいにせず具体的で筋道が通っていることが大切です。さらに、よりよく生きるには、物事をマイナス思考ではなく、プラス思考でとらえることも重要です。では、これらのGPS機能を標準に持つにはどうすればいいのでしょう?まず、Gの「具体的に考える」は、文章の続きに「例えば」の習慣づけをすることです。「世の中が不況だ」から、例えば「その理由は何か?」と続けるのです。そして、例えば「デフレが進行して物の価格が安くなり、利益が減って新卒採用も少なくなり、就職率が下がっているから」などと考えると、より具体的になります。「スローガン倒れ」という表現があるように、「学力を高めよう」「個性を伸ばそう」のようなスローガンを何十回となえても現実には無理で、やはり、そのスローガンを実現する為の具体的な方法を考えられるかがポイントとなります。次に、Pの「プラス思考」ですが、何が起きてもプラス思考で考えることができれば前向きに意欲的に生きていける可能性も高くなります。例えば、テストの点数が40点の時、100点から60点低いと考え怒ってしまう減点思考か、0点から40点取れたとはげます加点思考では、その後の子供の心理や意欲に大きな影響を与えるでしょう。2006年の15歳を対象にしたPISA学習到達度調査で、57カ国中、日本の若者の学習意欲が最下位だったというニュースもこのようなマイナス思考が影響しているのではないでしょうか?又、私は、ひとつの理由として、日本をとりまく質問を歓迎しない空気が、子供達の好奇心を奪い、色々な物事に対し無関心にさせ、その結果、学習意欲を低下させているのではと分析しています。最近の傾向として、大人が子供達の質問に答えなくなったのは、時代が変化し、過去の経験や前例だけの解答では子供達も充分に納得しなくなったことも影響しているでしょう。3つ目Sの、「筋道を立てる」は、まず、正確に事実を把握し、それをもとに何種類かの仮説を立て、その中から適切に判断する力を養うのです。私は、どんな不安定な世の中になっても、脳のGPS機能を育て続けることが将来展望を明るいものにするのではないかと考えています。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報