TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2010/02/19(金) 289 現代と想定力
 現代のような変化の激しい社会で、これからどんな能力が求められるかという点については、人それぞれいろいろな考え方があります。その中で、私が特に大切だと思う能力のひとつに「想定力」があります。
 2006年に、ライブドアの堀江貴文ことホリエモンがインタビューで答えていた「想定内」「想定外」の想定です。かつて、ホリエモンは何事が起きてもよく「想定内だ」と答えていました。このように、物事の先行きがある程度想定できている人と、できていない人が存在します。私は、世の中で成功している人物はかなり先を想定してそれに必要な準備を行っている人物ではないかと思っています。
 このように、想定力は先を読む力と関係が深いわけですが、この力はどのようにしたら高めることができるのでしょうか?まず、「もしかしたら」という考え方を普段から習慣づけしておくことでしょう。もしかしたら〜になるのではないか?〜が起きるのではないか?など、日々の生活やニュースなどをみて予想してみることで徐々に身につき、この予想を続けることで少しずつ当たる確率も高くなっていくのです。
 次の方法は、今までの歴史を学ぶことです。歴史といっても、うまくいった例というより、失敗した歴史のほうがむしろ重要な教訓を含んでいる場合が少なくありません。このように、歴史から学ぶことで、ある程度先が予想でき想定力も高くなります。ようするに、一定のパターンを習得することです。先を読む力が高ければそれに必要な準備ができ、アドリブで対応する場合にも慌てずにすみ、そのことが余裕にも見えるわけです。
 イチロー選手が難しいフライをらくらくとキャッチできる理由のひとつは想定力が高いからだと考えられます。つまり、様々なパターンをシミュレーションし、イメージトレーニングしているので自然と体が反応し、上手にキャッチできるのではないかということです。従って、想定の範囲をできるだけ広げられればそれだけ対応力も高まるというわけです。一般には、「まさか」や、「無理だ」という場合でも、その「まさか」を想定し、無理なことをできるように充分な準備をしておけば、つまり想定力と行動力を高めておけばかなりのことが可能になるでしょう。
 このような意味で、私は現代のような変化の激しい社会には、特に小さい頃から想定力を高める必要があると考えています。

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報