TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2010/09/03(金) 337 教科書のデジタル化に疑問?
 2011年から始まる小学校の新指導要領改訂で、特に言語力を重視した教科書に全教科とも様変わりするというニュースは、今年の春報道されました。ここにきて文科省では、どうも2015年あたりから小中学校において教科書のデジタル化を行なうのではというニュースも流れ始めています。教科書のデジタル化は、紙の教科書ではなくて電子検索機、例えばiPadのようなものを1人ずつの生徒が机の上に置き、その機械を検索していったり問題を解くというもののようです。つまり、調べようと思うといくらでも調べることができ、一見自主性が芽生えそうですが、調べることだけに主体を置きすぎて、なぜそうなるのか?自分の考えはどうなのか?他人の考えはどうなのか?という次のステップの考えたり比較したりする力が衰える危険性をはらんでいます。つまり、機械は答えを知ること、わかること、理解することには便利ですが、思考や対話力、活用力というような本来人間のもっている最も重要な学力を育てることには直接つながりません。ましてや、来年からの新指導要領では、全科目で言語力が重要であると言っている文科省が、デジタル教科書によって生徒たちのいわば言語力、コミュニケーション力を奪っていく方向にしていこうというのはどう考えても支離滅裂です。さらに、先生の子ども達への指導の役割は何になるのでしょう?子どもがデジタル機械をおおっぴらに1人ずつ持てばその世界にはまり込み、他者とのコミュニケーションを面倒に感じるようになるのは明らかに予想できることです。デジタル機械は、あるひとつの答えを探す正解主義には大変便利ですが、いろいろな考えがある中でどのようによりよい考えを導いていくのかというような大切な思考力には向いていません。ひとつの正解を早く正確に求めることが良いと考えて行なわれてきた「正解主義」中心の日本の教育が、価値観の多様化、国際化などにより崩れつつあるにも関わらず、もう一度「正解主義」に戻そうというこの教科書デジタル化の動きは、自分なりに考えない、他人と話さない、意見を聞こうとしない子ども達をますます増やす結果になりかねません。本来、教育とはひとつのテーマについていろいろな考えを多面的に学び自己を成長させるものではないでしょうか?私は、デジタル教科書により、ますます正解主義にこだわり話し合いのできない生徒をつくることが日本の発展につながるとは到底思えませんし、ましてや国際化の中で異質な考え方を相互理解しなければいけない時代に入った日本の学習法とは思えません。デジタル教科書の導入で利益を上げたり得をする一部の人たちの利権の為に日本の大切な宝である子ども達が犠牲になるのは大変憂うべきだと考えています。保護者のみなさんは、このことをどのようにお考えになりますか?

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報