TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2011/06/20(月) 408 非常識でおごった「原発再開に理解を」の政府発表!!
 このたび経済産業省原子力安全保安院は、原子力発電所を持つ電力会社など国内11社が水素爆発などのシビアアクシデントに対する安全対策を適正に実施しているとする検査結果を発表。

 全国の54基の内35基の原発が現在停止中で、海江田経産相は18日記者会見し、「安全対策がなされた上でなお原発が起動できなければ産業が停滞し、国民生活への不安が生じる。安全が確認された原発がしっかり起動するようにぜひ立地地域と国民の皆様の理解を頂きたい」と、停止中の原発の再稼働を求めました。

 この発表をどのように受け止めるべきか?と考えると、私は「経済が重要だからとにかく原発を動かそう」と言っているように聞こえます。そもそも、福島第一原発の状況がまだはっきりとしていない上、汚染水の処理さえできずに後5〜6日であふれ出し大変なことになるとわかっていながら、よく今回のような発表を平気でするものだと呆れてしまいます。

 安全対策とはそもそも何なのか?人間が本当に自然に対してできるものなのか?むしろ、原発で安全対策ができると思っているその神経が自然を甘く見ているとしか言いようがありません。マグニチュード9.0以上の地震が起こるかもしれない、近海でしかも深度が浅ければ今回の大震災よりもさらに被害が大きくなるというのは簡単に予想できることです。

 本質的な安全対策とは、地震が起こらないようにし、津波をなくすということ以外にはあり得ないわけですが、そんなことができない以上、安全対策とは架空の話、絵に描いた餅にすぎません。それを、このような時期に国民に理解してくれとははなはだ不見識、非常識だと言わざるを得ません。

 そもそも、今までの原発で使用した多くの使用済み核燃料の処分方法、処分地さえ決定していない有り様。それどころか、今回の原発事故では2800度にもなり、溶けてしまった燃料棒が圧力容器、格納容器を突き破り、おそらく地面を突き抜けているのではないかと予想されます。

 つまり、メルトダウンやメルトスルーどころではない手のつけようがない放射能地下汚染で、地下水・海への深刻な影響、人類がかつて経験したことのないシビアアクシデントが起きているのではないか?なぜなら、鉄は1300〜1400度ぐらいで溶けてしまうことから、2800度もの燃料は軽々と鉄を溶かし地下に達していると予想することが自然だからです。

 このような状況であるとすれば、そこに世界・日本の専門家が全力を傾け、今までに経験したことのない深刻な問題に取り組み速やかに解決することが先決なのは言うまでもありません。ひとたび事故になれば、今回のように誰も経験したことのない手のつけようのない状況になるのがわかっていながら原発再開ができるわけもありません。人間の「全ての物はコントロールできる」というおごりが日本中に大変深刻な状況を起こしつつあります。

 今回の「原発再開への理解を」という経産大臣の発表、そして、それを指示している菅総理の考え方の幼稚さに私は改めて呆れかえっている状況です。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報