TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2012/02/10(金) 434 自己紹介とは事実だけを言うこと?
 最近、私はある大学生と話していて気になることがありました。というのが、その学生が大学でそれぞれ自己紹介をした時に全員が名前と出身地しか言わなかったというのです。なぜ、名前と出身地しか言わないのか?もしくは言えないのか?自分の考えなどは言わないのか?と私が尋ねてみるとすぐにその学生の答えが返ってきました。それは、学校ではみんなと同じ答えをしたほうが無難だし、自己紹介は事実だけを言うものであって自分の考えなどを言うものではないと小学校から教えられてきたというのです。確かに昔からこのような考え方はありましたが、未だにそれが続いているのだなあと改めて思い知らされたのです。

 また、学校の授業中、例え重要な内容でも授業に関係ないことについて自分の考えを言うことはタブーで、授業の妨げになるとも教えられてきたというのです。そればかりか、授業がよりよくなる為の意見や、他校の成功事例さえも言うことはなかなかできない?・・・。

 これについては、私はある中学生が学校長と担任に対して、今までになかった授業の提案を自ら考え文書で提出したところ全く無視されたという話を聞いたことがあります。教育者としてはもちろん、大人の常識としてこのように何も返事をしないというのはまさにひどい話です。やはり学生の考えを真摯に受け止め、よりよい改善につなげようという前向きな考え方が教職員には弱いのではないかと思うと同時に、学生に対して見下したところがあるのではとも強く感じました。

 このように、小中学生から自分の考えを話してはいけないとか、自分の考えを言わせないように強圧的かつ意図的にもっていく傾向などがやはり自己紹介で自分の考えや意見が言えなくなってしまった大きな理由のひとつだと考えられます。これは人権にも関わりますし、就職や進学時の面接に自己PRができない、苦手だというように、人生設計の障害にさえなっている為、真剣に根本から考え直す必要があるのではと私は思っています。

 急速に進む国際化の中で、いやが上にも就職、転職を外国人と競争しなければいけない若者たちにとって、「自分の考えを述べる能力と健全な正義感」を奪いがちな一部の公教育には大変深刻な問題があることを改めて主張したいと思います。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報