TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2013/04/19(金) 489 安倍総理の「失敗から再チャレンジへ」の発言を聞いて
 先日の日本テレビ系報道番組「スッキリ」に安倍総理が生出演をしていたのを見て、総理大臣のイメージが随分身近になってきたなと思われた方も多かったのではないでしょうか?政治と国民の関係がより身近なものになり、このように総理が朝からテレビに生出演できるのも、アベノミクスの成果や、国民支持率が高いことが背景にあるものと想像できます。現状では、多くの国民が安倍氏を支持しているだけに、テレビに出演してもそうそう批判されないわけで、そういう意味では前回突然の辞任による安倍氏本人への失望は多少帳消しになったようにも思えます。

 安倍総理が本番組中に発言したことに、「私のように失敗しても再チャレンジできる日本にしなければいけない」という多少自虐的なフレーズがありました。これは、前回の突然の辞任で日本中に迷惑をかけ、そこから復活し職務にあたっているとの意味だと思いますが、そのことをうまく引用してさらっと述べる点など、なかなかマスコミを上手に活用しているなと感じます。

 又、番組を見ていて感心するのは、安倍総理のアドリブ力です。わりとフランクリーな司会者に対してユーモアを交えてタイムリーにことばを返すところなど、そのアドリブ力はなかなかの感じをもちました。私には、政治家らしくない一種芸人の技のようにも感じました。

 ところで、先ほどの「失敗をしても再チャレンジできる日本」ということばですが、まさに、このタフな考え方が現代のような変化の激しい時代に求められているのだと思います。最近の傾向は、多くの分野でなるべく失敗しないように無難に物事を処理しようというケースが見受けられますが、無難というのは結局、大きな新しいチャレンジをしないということですから、新しい価値も生み出さないということになります。

 失敗しても、その失敗を活かし新しいことにチャレンジを続けることこそ、人生に求められるわけですが、なかなかその勇気と行動力が伴わないことが多いのも事実です。又、過去の成功体験や前例通りに行動しがちで新しいことや失敗を恐れる風土や空気が強いのも日本の特性でしょう。だからこそ、安倍総理の例のように再チャレンジしようという勇気、行動力を持ち続け突破していく大人こそが、社会を生き抜く人物になると私は考えています。

 私たちが今まで以上に「失敗」と「チャレンジ」の意味を前向きにとらえ直すことが、これからの変化の激しい社会を生き抜く上でよりよい道を開くことにつながるのではないでしょうか?

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報