TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2013/10/11(金) 512 社会把握と3現主義
 私たちが社会を生きる上で考えなければいけないことは数々ありますが、まず前提として、社会の現状がどうなっているか?を正確に把握するということがあげられます。その社会の現状を知る方法のひとつとして「3現主義」があります。

 この「3現主義」は、3つの「現」で社会を考えるということで、「現場」、「現実」、「現物」を重視するという考え方です。社会を把握するには、この「3現主義」のうち、特に現場を確認する、経験を通じて現実をよく知るということが大切です。メディアを通じた報道だけでは現状を正確に把握することが難しいのは、メディア特有の報道の意図や意向が入っている場合があるからで、そこで自分の眼と足で現場や現実を確かめる必要があるわけです。又、報道だけではそのもの自体がよくわからない場合も多い為、実際に現物を自分の目で確認することも大切です。

 このように、「3現主義」を意識しながら社会の現状を把握することが大切なわけですが、いろいろな制約や事情もあり、うまくいかないこともあります。できるだけ「3現主義」に近づけようと努力しながらもできない場合は、その代わりとしてメディア報道の本質を見抜く目を養う必要があります。そこで、オンリーワンスクールでは、これらの力を高める為のトレーニングを行なっています。

 そもそも、私たちが社会を把握する必要があるのはなぜでしょうか?それは、社会がどうなっているか?によって私たちの行動が変わるからであり、変えなければいけないからです。例えば、ある商品を販売している時、社会のニーズが変わっていることに気づかないまま続けると、徐々に販売数が落ちていきます。落ちてからでは新商品の開発は間に合わないわけですから、その前に社会のニーズの変化に気づき、予想を立てながら次の手を打つべく新商品開発を継続しておくことが大切になります。

 又、これから社会に出る子どもを育てる場合や、子ども自身が就職活動をする場合にも、これからの企業や組織の求める人材がどのような人材なのか?社会で求められる人材はどのような人材か?などを把握し、準備や対策を練る必要があります。このように、社会の把握ができないといろいろな場面で成果につながらない可能性が高くなるのです。

 これらのことから、私たちが社会を生きる上で、まず社会の把握というテーマに注目し、「3現主義」などを活用して探究することは大変意義があることだと思いますが、みなさんはどのようにお考えでしょうか?

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報