TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2021/08/25(水) 646 コロナとオンライン授業
 8月25日時点で、緊急事態宣言地域や、まん延防止地域が日本の半数の都道府県に発令される状況の中で、いよいよ子ども達の新学期が始まることとなりました。メディア報道で毎日のように学校の新学期について国民が大変心配・不安を抱えているニュースが流れています。

 このようなコロナの感染状況で新学期を迎えれば当然学校で感染が広がり、親や社会に広げていくのは明らかです。しかし政府・文科省の萩生田大臣は、「日本全国で一律に休校をしない」との発言のみです。この発言は、いかにも国や大臣はこの件で責任をとりたくないのが透けてみえ、各自治体に新学期の判断を丸投げしているということでしょう。

 少なくとも、全国の学校を一律に休校しないというなら、その代案を国・文科省として発表するのが文科大臣の最低限の責任であり、その発言のない、ただ「一律に休校しない」というような単純な内容であれば誰でも言えることです。

 昨年の春の1回目の緊急事態宣言から1年以上経った現在で、具体的に学校対策を発表できない文科省という役所を、私たちはどう考えればよいでしょうか?8月25日時点で、検査キットを一部配布するとか、ワクチン接種をすすめるというようなことが言われていますが、キットはあくまでも感染したかどうかを調べるためのものであり感染を防ぐものにはならず、根本的な解決にはなりません。また、ワクチンもデルタ株の影響でブレークスルー感染が日常的に発生しており、ワクチンを打ったから感染者が少なくなるとは言えません。

 このように、根本的な解決策を考えず付焼刃的行き当たりばったりの方法をとることが、現在の感染者急増の原因だと考えられます。具体的には、学校の新学期対策は、昨年春から準備を進めていた「GIGAスクール構想」を実現するチャンスでもあります。子ども達にひとり1台ずつiPadを支給したわけですから、このiPadを活用しオンライン授業を始めればよいのです。

 大阪市のK小学校校長が実社会のリアリズムを把握せず松井市長を観念思考で批判したこともあり、通信状況の改善を続けながらの大阪市を始めさいたま市、100万人都市の仙台市や75万人都市の熊本市はすでにその体制に入っており、具体的なオンライン授業による感染対策が進んでいます。全国の学校が全国の先進例から学び、質の高いオンライン授業に移行することで国民の命が守られるということを、教育関係者や保護者のみなさまに今一度熟考して実現していただきたいところです。
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2021年09月(0)
2021年08月(1)
2021年07月(1)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報