TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2017/12/29(金) 610 2017年もあとわずか
 2017年も残り3日となりました。今年も色々なことがありましたが、特に年末にかけて、元横綱日馬富士関による一連の報道は色々と考えさせられることの多い出来事でした。特に、身近な鳥取で起きたことであることも影響していたように感じます。元横綱日馬富士関は一連の問題の責任をとり、自ら引退したわけですが、その折の記者会見で気になる発言がありました。それは、礼儀・礼節を守る為には、年長者がしっかりと指導する必要があるというもの。確かにそれはもっともですが、だからといって暴力を振るっていい事にはなりません。そもそも暴力を振るう事自体、礼儀・礼節から外れた行為であり、もっといえば暴行事件とも言えるわけですから、この発言はいかがなものかと率直に感じたところです。
 昔から体育会系に所属しているものは、必ずこの暴行・暴力のようものを受けたり、それは当然だという空気があったのも否めないところですが、最近でもこのようなことがまかり通ると思っているのであれば、今回のように問題になるのも仕方ないことだと言えます。時代と共に1人1人のものの考え方も変化し、それに対応できなければ、それなりのペナルティを与えられる一例でしょう。私たちは、時代の変化をよく把握して生活することが重要だということを改めて今回の出来事で理解する必要があると考えます。
2つ目に気になった点は、貴乃花親方の行動です。詳しくはわかりませんが、これまでの相撲協会の対応に対して、不信感を持っており、今回の出来事に対しても警察・検察に全面的に任せた形となっており、相撲協会への協力的な態度はあまり見られなかったように感じます。これは、もし相撲協会に報告していたら問題が問題とならないかもしれないと考えた結果のことなのか?ひょっとしたら国民から今回の貴乃花親方の行動が疑問を持って見られているかもしれません。しかしながら、貴乃花親方がこのような行動をとることでしか、相撲協会を改革できないと判断したのなら、それも勇気ある判断とも言えるでしょう。このことについては色々な見方・考え方がありますが、どちらか一方的に善悪を判断するのではなく、それぞれに言い分があるはずですから、客観的に物事を捉え、考えることが大切なのだと思います。
このように物事の判断というものを考える際、多面的に捉えることが重要であるということを、今一度確認することも意義のあることだと思います。2018年はどんな年になるか楽しみなわけですが、日々の生活で物事を判断する時に、今一度、客観的かつ多面的に考えるという点を重視し、活用してみてはいかがでしょうか?
 2018年がみなさまにとって良い年になりますように!
2018年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2018年01月(0)
2017年12月(1)
2017年11月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンシステムの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部のご案内
岡山事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報