TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2008/04/14(月) 121 宿題は何の為にするのか?
 宿題は、昔から当たり前にあるもので私たち大人はその宿題が何の為にあるのかを改めて考えることはあまりなかったように思います。先日、ニュースで小学2年生が学校の宿題を強制的にやらされることがいやで不登校となり、その保護者は学校に対して激しく抗議をしたとの報道がありました。もし、この子どもが小・中とずっと不登校になるとしたら大変な問題と言えるでしょう。宿題とは、強制的にさせるべきなのか?それとも努力するものなのか?は、はっきりしていないというのが現実です。なぜなら、学校の先生によって宿題を多く出す先生、反対に少ない先生がいたり、「必ずしなさい」という先生、「できる限りでいい」という先生というように、宿題の考え方はバラバラな状況だからです。又、宿題というものに対しての保護者の方々の意識もいろいろです。そもそも、宿題は誰の為に何の為にするのか?ということが原点なのは言うまでもありません。つまり、たてまえは宿題はもちろん自分自身の為にするということですが、もし自分が自分の為にならないと本音で考えれば、本来の目的を果たしていないわけです。この場合、指導者が「宿題をすることが自分の為になる」という理由を十分に子どもにする必要があります。しかし、その説明が十分でないまま「子どもはするべきである」と強制的にさせることに子ども達が反発しているとしたらどうでしょう?又、「何の為に?」は、「子どもの為」ですが、なぜそれが子どもの為になるのか?という明確な説明や理由もしっかりとできていないように感じます。このように、きちっとした説明をしなければ理解・納得しない子どもが多く見受けられ、それが最近の子ども達の特長だということを私たちは認識する必要があります。今までは、大人は「当たり前にするものだ」と思い込んでいたことが、子ども達から「なぜ当たり前なのか?」と聞かれた時どのように大人が答えることができるのか?特に宿題については、よく考えておく必要があるのではないでしょうか?これらのことを「説明責任能力」と呼びます。世の中には、学校内でのいじめについての校長による説明、食品偽装などの経営者の説明、病院による医療ミスの説明など、多くの「説明責任能力」があります。実は、同じように子育てにおいても、私たちひとりひとりの大人が子ども達から、この「説明責任能力」を問われているとも言えるのです。

2024年2月
1
2
3

過去の日記
2024年02月(1)
2024年01月(0)
2024年00月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報