TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2009/11/16(月) 265 学校の「希望降任制度」という奇妙なシステム
 報道によると、本人の希望で管理職を外れる「希望降任制度」で校長や教頭などの役職を退いた教員が今回過去最多を記録したといいます。その数は、統計によると179人に上ったということです。会社でいえば社長や副社長にあたる校長や教頭が自らその役職がいやだといって認められるこの制度を聞いて最初に感じたのは、強い違和感でした。今の時代に一般企業で責任ある管理職が自ら能力がないと言って、もし降格を申し出たら、おそらく会社は大混乱するでしょう。この「希望降任制度」のように、自分から申し出て“はいはい”と言っておさまるようなことは民間ではほとんどないでしょう。又、そんな能力がないのに管理職にしてしまった任命責任者もきっと問われるでしょう。民間のビジネスマンは厳しい状況の中で生き抜いている時に、この教員の「希望降任制度」が当たり前のように報道されることに一般社会の常識との強いギャップを感じてしまいます。きっと、公務員にはこのような奇妙なシステムが許されるのでしょう。報道では一部の管理職がなぜヒラに戻りたいのか?も報じられています。ひとつの理由は、仕事に行き詰まり、管理職としての資質に思い悩む人が増えているという点です。この場合の管理職の資質はたくさんありますが、代表的には状況把握力、理解力、コミュニケーション力、指導力、リーダーシップ、対応力、提案力などでしょうか?又、ここ数年は保護者や住民からいろいろな要求をされ、それに対応できない教員が悩んで降任を申し出るというケースもあるようです。このようなことが民間企業であれば、まず能力不足を指摘され社員としての立場も危うくなるでしょう。しかし、教員には特権的にあたたかく許されるこのようなシステムがあるのですから驚きです。又、重い責任がかかるのは校長、教頭、副校長だけでなく、主幹という役職も同じで、管理職手当もつかないのに多忙なだけで給料は一般教員と変わらないので降任を申し出る例もあるといいます。つまり、主幹になってもあまりお金をもらえないからしたくないということのようです。本来、何の為に教育の職につこうとされたのか?志をもって子供達を指導しようと管理職についているはずが、自分の利害を中心に考え、しかもそれがおおやけに認められる「降格希望」の制度を使って、その責任から逃れるとは子ども達に対しての無責任さを感じてしまいます。なにより、この厳しい日本社会で降格希望の教員に教育を受けた生徒達が果たして社会から逃げないでしっかりと生きていけるのかさえ疑問です。このように、一般社会から見ると、奇妙な公務員のシステムをなくし、本来の責任ある教育が行われることを望むばかりです。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報