TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2009/12/21(月) 274 一夜づけ思考から蓄積思考へ
 最近、若者から「一夜づけ」ということばがあまり聞かれなくなりました。もともと「一夜づけ」というのは、一夜漬けで、一夜で漬けた漬け物のことをさします。つまり、あまり時間をかけて作ったものではなく、はやづけ、即席づけと言われてきた漬け物のことだったのです。一方、学習の一夜づけも同じで、一晩だけがんばれば成績が上がるというような安易でお手軽な試験がこれまで行われていたとも言えます。日本で、このような薄っぺらな試験を続けてきたほうがむしろおかしな話です。学習は死ぬまで大切であり、ましてや一夜づけで学習ができた、できないという安易な判断をし、一喜一憂することがいかにおろかかということを考える必要があります。この、「一夜づけ」の逆のことばに「蓄積」があります。じっくりと年月をかけ、手間暇をかけて積み上げていくという考え方です。一夜づけとは対称的なこのことばがどれだけ重要なことかを、大人たちが子どもにどれだけ指導しているかは、はなはだ疑問です。私は、このような理由から、一夜づけが最近聞かれなくなったことはある意味いいことかもしれないと考えています。もし子どもが一夜づけでしたような浅い学習が通用すると勘違いしてしまったら、その後のものごとも安易に考えてしまう危険性があるからです。このように、なんでも早くできるもの、即席で手軽にできるものが良いとする風潮が昔からの日本人の一夜づけの思想と重なります。良いものは時間がかかり、すぐにはできない。年月を十分に重ねることに意義があるというような考え方ができることが大人には重要なことでしょう。生活の中で手軽にできることが増えているのは、良い面と悪い面があるということを知る。良い面は、楽ができる、時間が作れるなどでしょうが、一方の悪い面は、時間をかけてじっくりと取り組むこと、努力することができなくなり、マヒしていく危険性をはらんでいるのです。さらに、ものごとがすぐできると思いこみ、すぐにできないからやめる。これは、ひとつの仕事が続かず、離職率が増えている大きな理由でもあります。そういう意味で、私は「一夜づけ」というようなことばや文化・実体などがどんどんなくなる方向に向かっているのは、日本人にとって歓迎すべき傾向だなと考えているところです。

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報