TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2010/03/19(金) 297 18才までコンビニ育児?
 ちくま新書から「暴走育児」という興味深いタイトルの本が出版されました。副題は、「走り出したら止まらない子育て家庭の恐るべき現状、あなたの家は本当に大丈夫ですか?」というもの。この中に「コンビニ育児」ということばが出てきます。簡単、便利、快適を求めるコンビニ育児では、楽なことが正しく、まじめさや努力は敬遠される。合理的、効率的な方法が選ばれ、又、そうした選択をすることが「かしこい」と考えられている。手間ひまかけて作った食事をとらなくても、インスタント食品やコンビニ弁当でお腹いっぱいになる。手作りに労力を費やすより別の楽しいことをやったほうがいいという価値観が急速に広がっているとのこと。これが高じれば、自分で育てるより他人に育ててもらったほうが楽、自分でしつけるより保育園でしつけてもらいたい。自分では面倒みきれないから学校に全てお任せ、となっていくだろう。実際、そうした兆しはすでに現れている。などと書かれています。少なからず、このような傾向は以前からあったように思えます。例えば、乳児、幼児ぐらいまでは親の言うことをある程度聞いてくれる良い子の時期なので、子育てに熱心さがあります。しかし、小学校ぐらいから反抗期を迎え、言うとおりに動いてくれない子どもをうまく指導できなくなり、人間を育てるという家庭の重要な仕事を小学校の先生に依存し始めるという例です。そして、中学生になれば高校受験というはっきりとした目的が出てきますから、再び親は「高校受験をがんばれ」と言います。さらに、高校にあがれば全体の約50%の大学進学を目ざしている高校生の親は、高校入試と同じように「大学受験をがんばれ」と言うようになります。しかし、50%の就職希望者の高校生や就職希望の大学生についてはどうしたら就職できるかというアドバイスが親として難しい為、明確に対策が指導できないまま子どもに任せていき、子どもも困っているというような状況が多いように思えます。これらから、親が責任をもって最も大切な子どもの小学生の時期に人間教育をせず、学校に任せ、その後は受験についてはげますだけの気軽な家庭教育になってはいないかという点に大きな疑問が残ります。まるで、今の日本は、18才の高校3年生まで手軽な「コンビニ育児」が続いているように感じるのは私だけでしょうか?

2024年2月
1
2
3

過去の日記
2024年02月(1)
2024年01月(0)
2024年00月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報