TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2010/06/21(月) 321 「現実主義」と「現実逃避主義」
 菅新総理の政治スタイルについてよく報道で言われるのは「現実主義」ということばです。特に、前総理の鳩山由紀夫氏と比較されてそのように報道されることが多いようです。前総理は、常に「友愛」をスローガンにかかげ発言されていましたが、菅総理にはこれに当たることばは特に見当たりません。むしろ、鳩山氏の「友愛」のスローガンにあたるのが、今回は「現実主義」になるでしょうか?では、「現実主義」とは何でしょう?現実をよく直視して優先順位をつけて緊急かつ重要なものから適切に対処する考え方とでも言うべきでしょうか?この、現実をよく直視するということは一見当たり前のようですが、人間は今までの環境や教育で思い込みがあったり物事を素直に見れないことが多く、実は「現実の直視」は意外と難しいものです。ありのままに現実を直視すれば自分にとって納得できないことも出てくるでしょう。例えば、就職しようと希望の企業をよく調査してみると、自分の理想の企業ではないかもしれないのです。つまり、思ったよりその企業が保守的で、新しいものや若者の意見を積極的に取り入れようとしないというような事例です。このように、現実を直視するということは、より判断の正確性が増すということで、就職したけれど自分と合わなかったからすぐやめるというミスマッチを防止することもできます。しかし反面、現実がはっきりとわかると予定を変更せざるを得ないというような面も出てきます。物事は全て良い面ばかりではなく、全て悪い面ばかりでもありません。必ずと言っていいほど何事にもメリットがあり、デメリットもあります。問題は、その中でよりメリットの多いものを私たちが選ぶことができるかどうか?つまり、ひとりひとりの判断力が問われているのです。「現実主義」は、現実を直視することで見たくないことや自分の考えに合わない、又、妥協せざるを得ないなどの場合も多いですが、よりよい判断の為には不可欠な考え方です。得てして私たちは現実の厳しさから目をそらし、見て見ぬふりをするなどの「現実逃避」になりがちですが、いつかその大きな反動がくるのではないか?と、危機感と勇気を持って「現実主義」を取り入れることが大切なのだと思います。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報