TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2010/10/25(月) 350 読書の二極化とドラッカーブーム
 読売新聞社が全国で1,800人あまりを対象に世論調査をしたところ、1カ月に1冊も本を読まなかった人が半数を超え、引き続き本離れが続いていることがわかりました。逆に、最も本を読んでいる世代は30代で、1カ月に2冊読んでいる人が最も多いということです。又、3冊以上読んでいる人も10人に1人いるということで、日本では本を読む人と読まない人の二極化が進んでいるようです。本を読む理由は「知識や教養を深める為」が41%、「面白い」が34%、「趣味を活かす為」が26%で、直接仕事に関する本を読んでいる人は少ないようです。最近のブームでは、ピーター・ドラッカー氏に関する本がよく話題になっています。特に、新人女子マネージャーがドラッカー氏の考え方を野球に応用しチームを強くしていくというストーリーの、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」略して「もしドラ」という本が、発表から120万部を超える大ベストセラーとなっています。なぜ「もしドラ」がこんなに売れ、読まれているかという理由は、本の表紙がビジネス書とは思えないイラストで、そのストーリーも大変読みやすくおもしろくなっているからだと思いますが、その内容が経営の神様といわれたドラッカー氏の考え方をもとに書かれているということもあり、私には二重の驚きがあります。この「もしドラ」に出てくる「マネジメント」という本は、企業が経営をする上で大切なこと、もの、物の考え方などをドラッカー氏が著し、未だに読み継がれているビジネスのバイブルのような本で、そこには数々の重要な原理・原則が紹介されています。ドラッカー氏本人の著作は、「マネジメント」以外にもたくさんありますが、それ以外にもいろいろな作者がドラッカー氏の考え方を紹介した本を発行しています。その中の1冊に「ドラッカーの思考法」という本があります。この本は、偉大なマネジメントの神様であったドラッカー氏はどんな物の考え方をしていたのか?を解説した本です。その一例を紹介すると、「業績の低迷や伸び悩みは会社の経営が『迷子』になっている証拠です。迷子になったときは原点に戻ることです。」というフレーズがあります。低迷したり、うまくいかない時に原点に戻る、その原点とは何か?ということですが、例えば、それは明確な目的の確認ということではないでしょうか?往々にして、混乱している時には本来の目的からずれているか?本来の目的がわからなくなっている可能性があります。これは、会社の経営だけでなく個人にも当てはまりますし、現在の日本の政治にもあてはまると思います。これから日本は何を目的にどのような国をめざすのか、そのビジョンは?自分自身は何を目的にどのような人物をめざすのか?など、これらの課題に対してしっかりと考え自分なりの答えを出すということが原点に戻るということではないかと私は考えています。他にもドラッカー氏からはいろいろなことが学べると思いますので、一読してみてはいかがでしょうか?

2024年2月
1
2
3

過去の日記
2024年02月(1)
2024年01月(0)
2024年00月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報