TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2013/12/20(金) 521 近づくガラパゴス人材の危機!!
 先日、テレビで次のようなアンケート結果が紹介されていました。「あなたの会社で社長に代わる時期リーダーを育てているか?」という問いに、日本の企業は約25%が育てていると答えたというのです。一方、世界的な企業、例えばGE、マクドナルド、コカコーラなどは、約75%が育てていると答えたということです。世界の企業の平均でも44%という解答結果が出ていました。

 私たちは、この日本の25%という数字をどのように考えれば良いのでしょうか?なぜ、日本の企業は次のリーダーを育てられないのか?そもそも、リーダーとは何でしょうか?リーダーの資質に必要なものは何でしょうか?この問いに答えられなければ次世代のリーダーを育てることはできないのは当然です。つまり、〜とは何か?という点について本質的に分析することが苦手だという事実が、必要な対策を立てられない理由になっているのではないか?と私は考えています。その結果として、世界平均よりも低い25%という数字が出てしまったのではないかと思うのです。

 そんな折、日本の代表的企業のひとつである製薬会社の武田薬品工業は、社長の後任にイギリスの製薬会社大手幹部のフランス人をヘッドハンティングしたということです。11月30日の記者会見で社長は、記者から「社内に後継候補、つまりリーダーはいなかったのか?」と問われ、「グローバル化に対応する為、ハードルを高めに選考したら社内には人材がいなかった」と答えたということです。

 時代に対応できず、変化に対応できないガラパゴス諸島の生物のように、時代の進歩に取り残された人材を「グローバル人材」に対して「ガラパゴス人材」と呼びますが、今回のアンケート結果にもあるように、日本企業のリーダー不足は、ひょっとしたら多くが「ガラパゴス人材」のまま変わらず今日まで来てしまった結果なのかもしれません。外国人に日本企業の社長や幹部を任せざるを得ないほど、リーダー育成を怠ってきたつけが今日目立つようになってきました。

 このまま世界から差を広げられるのか?今後、日本でガラパゴス人材をどのようにグローバル人材にするのか?という問いを立て、着実に指導できなければ武田薬品のように能力の高い外国人のグローバル人材を採用する傾向はますます強くなっていくのでしょう。グローバル人材とは何か?これからのリーダーとは何か?本当に真剣に考えなければいけない時期がそこまで近づいているようです。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の日記
2019年09月(0)
2019年08月(1)
2019年07月(0)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
  (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報