TOP


NEW!  オンリーワンの目標と学習システムのページに実際のプリント例を紹介

オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。
■2015/12/04(金) 577 教育は「アクティブ・ラーニング」の時代へ
 最近、「アクティブ・ラーニング」の話題を多く耳にするようになりました。この「アクティブ・ラーニング」は、次回の指導要項に盛り込まれる予定で、文字通り、「アクティブにラーニング(学ぶ)」の意味です。

 具体的に言うと、今までは、学校教育を中心に、先生・教師が生徒に対して主に一方通行で黒板に板書したり教えたりということが多かったわけですが、「アクティブ・ラーニング」は、これとは反対に、生徒が主役となり、生徒自らが小グループに分かれ、ひとつのテーマについて主体的に話し合いやプレゼンテーションなどを通じて学び合います。従って、「アクティブ・ラーニング」における先生の役割は、それぞれのチームに対して適切なアドバイスや指示を出すことが求められます。言い換えれば、先生は、これまでの主役から「えんの下の力もち」に徹するということです。

 とは言っても、これまで学校を中心に一方通行の授業が多かったわけですから、急にこのような授業がうまくいくとは思えません。東京では、小〜高校の先生方が自主的に有料の「アクティブ・ラーニング」研修会に参加しているとの情報もあります。又、「アクティブ・ラーニング」関連の書籍も、書店のコーナーに多く見られるようになりました。

 私は、このような状況になってきたことを嬉しく思っています。なぜなら、子ども達が自分らしい考えや意見・個性などを、今まで以上に発揮できるようになり、又、ひとりひとりの多様性や他者から違う考えが学べることから、人間の器を広げることができ、人間的成長につながると考えるからです。今までの一方通行になりがちな授業から、「アクティブ・ラーニング」の授業を通じて、生徒ひとりひとりが個性的で多様な人格を認め合える社会の一歩が生まれてほしいものです。これらの多様性は、これからのグローバル社会で生きる子ども達に不可欠な考え方であり、日本人からひとりでも多くのグローバル人材が育つきっかけになってくれればと思います。

 実は、現代の日本では、前述の「アクティブ・ラーニング」の他にも多くの教育改革が進行中です。例えば、大学生のレベルを根本的に見直す為、2020年をメドにセンター入試を廃止し、記述問題や面接・小論文・討論などを重視する入試に変えるというニュースです。これは、偏差値さえ高ければ大学生になれるという今までのしくみを改め、自分の考えや意見をしっかりと持った学生こそ、本来の大学生のレベルにふさわしいというしくみに改めようという動きだと言えます。今後、「アクティブ・ラーニング」で育った小・中学生が、しっかりと自分の考えを持ち、その力を記述・面接・小論文・討論などの新大学入試で存分に発揮することでしょう。

 つまり、国は、偏差値重視の考え方から、本来の高度で学習意欲があり、自分の考えをしっかりと持った大学生をより多く生み出すことが日本の発展への道となり、将来の日本を引っ張っていく人材なのだと方針転換をしたのでしょう。このような小学校からのアクティブ・ラーニングから新しい大学入試までの一貫性のある教育改革に、大いに期待したいものです。

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

過去の日記
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(3)
全て表示

日記内を検索


オンリーワンスクールの説明会・体験会・教育セミナーなどの開催地一覧は、イベント情報をご覧下さい。


 
 

  

 (C) PLUS A ALL Rights Reserved. 本サイトは、(有)プラス・エーによって管理・運営されています。
  掲載されている画像・文章等、全ての無断転記・引用を禁止します。
  このサイトに関する、質問・お問い合せはメールでお願いします。

オンリーワンプロジェクト
のご紹介
オンリーワンプロジェクト
の活動から

オンリーワンプロジェクト
講演・取材等の依頼

新時代の教育提案と共育
これから必要な学力とは?
オンリーワンメソッドの誕生
めざす力&自立一貫教育
目標と学習システム
学習コースのご紹介
ジュニアコース
ファミリーコース
ビジネスコース
通信教育コースのご案内
キャリア教育研究所の概要
「人材3力」とは?
オンリーワンの業務実績
スクールネットワーク
オンリーワンスクール
公認教室一覧
各スクールの声
鳥取事業本部・
島根リエゾンのご案内
岡山・四国事業部のご案内
広島事業部のご案内
関東事業部
東京オフィスのご案内
関東事業部
神奈川オフィスのご案内
東海事業部
愛知・岐阜・静岡オフィスのご案内
近畿事業部
大阪オフィスのご案内
近畿事業部
兵庫オフィスのご案内
近畿事業部
京都・奈良オフィスのご案内
近畿事業部
和歌山オフィスのご案内
九州事業部
大分オフィスのご案内
九州事業部
福岡オフィスのご案内
九州事業部 鹿児島オフィス
・沖縄リエゾンのご案内
イベント情報